治療後の腫れや違和感にお悩みの方へ

インプラント治療は外科手術をともないます。そのため、術後に患部の腫れや傷口からの出血などが生じる場合があります。しかし、これらは長くは続かず、次第に治まっていくのが普通です。もし、症状がずっと治まらなかったり、悪化したりする場合は、何らかの問題が生じているおそれがあります。そのような場合は、お早めに当医院にご相談ください。

インプラント治療直後の腫れ・違和感

インプラント治療直後の腫れや違和感は、通常は1~2週間のうちには和らいでいきます。もし1~2週間を経過しても症状が治まらない場合、または悪化する場合は、患部が炎症を起こしていたり、隣の歯と触れていることで違和感が生じていたりする恐れがあります。

当医院ではこのような症状に対して、レントゲン撮影などで原因を確認し、患者様それぞれの状況に応じた適切な処置を行っています。

おもな検査・確認事項
  • 上顎洞(上顎の底部)や神経の損傷の検査
  • 歯周組織の膿の検査
  • 血液検査での症状確認
  • 心因性の痛みかどうかの確認
  • インプラントと隣の歯の位置確認

腫れ・違和感がある方の症例

写真は治療前の状態です。印位置のインプラントが根元から取れていて、機能してません。この症状に該当する場合は、ご相談ください。

その他症状について

インプラント周囲炎について

仮歯、インプラントが取れた場合