インプラントもメインテナンスが大切です

インプラントは、人工歯根部分に「チタン」、人工歯部分に「セラミック」という耐久性・生体親和性に優れた素材でできています。そのため、適切なケアを行えば、半永久的にインプラントとしての機能を維持できるといわれています。ただしそれは、裏を返すと、適切なケアができなければせっかくのインプラントも長持ちさせることが難しいということです。

では、適切なケアを行うにはどうしたらよいのでしょうか。患者様ご自身での日頃からの正しいブラッシングに加え、歯科医院でのプロによる定期的なメインテナンスが必要です。患者様と歯科医院との二人三脚で、大切なインプラントを守っていきましょう。

歯科医院でのケア

定期検診

インプラントには神経がありません。そのため、何かトラブルがあったとしても痛みなどの異常が感じられず、発見が遅れがちです。数ヶ月に1度、定期検診を受けることで、お口の病気の早期発見・早期治療が可能です。異常が感じられなくても、きちんと定期検診を受けることが大切なのです。

【医療法人幸恵会 カツベ歯科クリニックの定期検診】

当医院の定期検診では、インプラント治療をされた患者様がこの先再治療をするようなことのないように、以下の内容を重点的にチェックしています。また、ご自宅でのケア方法や、生活習慣についてのアドバイスも行っています。

  • レントゲンによるインプラントの位置確認、咬み合わせチェック
  • 歯茎とインプラントの周囲にある歯の確認
  • ブラッシングがきちんとできているかのチェック
PMTC

歯科医師や歯科衛生士が専門器具を使って行う、歯の徹底的なクリーニングのことです。毎日しっかりブラッシングをしているつもりでも、歯ブラシだけではケアしきれない部分に汚れ(プラーク)が少しずつたまっていきます。プラークをしっかり除去するPMTCは、インプラントを維持していただくためにおすすめのクリーニングです。

ご自宅でのケア

ご自宅でのケア

インプラントを長く使っていただくためには、毎食後のブラッシングが不可欠です。しかし、自己流のブラッシングでは、磨き方の癖によりどうしても磨き残しが出てしまいます。そうならないためには、正しいブラッシング方法を身につけていただくことが大切です。磨き方に不安がある方は、遠慮なくご相談ください。