医院選びのポイント

インプラント治療を成功させるためには、やはり医院選びが重要なポイントとなります。特に、かつてインプラント治療をしたものの結果が思わしくなく、再治療をご検討の方は、次にあげる点に留意しましょう。

経験豊富な医師を選びましょう

経験豊富な医師を選びましょう

インプラント治療は、医師の経験によって治療の成否が左右されることの多い治療です。高度な技術に加えて、それぞれの患者様の状態に合わせて適切な処置をする能力・ノウハウが必要となり、一般的には、症例数が多いほど成功率が高くなる傾向にあります。

実際に治療を始める前に、説明会やカウンセリングを行う歯科医院が多いかと思いますので、その医院での治療実績などを確認してみることをおすすめします。

大病院よりも、信頼できる専門医に

大病院よりも、信頼できる専門医に

インプラント治療を看板に掲げる歯科医院は多いため、どの医院を選んだらよいか迷ってしまうことでしょう。大学病院や大規模歯科医院の場合は、何人もの医師が交代制で診療することが多く、新人医師の研修の場になっているという側面もあります。

インプラント治療は、手術が無事に終わればそれで成功、という単純なものではありません。手術前の診療・検査から、その後のメインテナンスに至るまで、患者様お一人ひとりに合わせたきめ細やかな対応が治療の成否を左右します。本当に信頼できる専門医のもとで、長期的な治療を受けられるかどうかをよく検討しましょう。

PICKUP ご自宅でも適切なケアを

インプラント手術が成功してしっかりと噛めるようになった方も、それで安心せず、日頃のケアを大切にしましょう。インプラントを長持ちさせるためには、口腔内を清潔に保ってトラブルを予防することが肝心です。定期検診などでご自身の口腔内の状態を把握し、医師の指示に従ってご家庭でのケアを続けましょう。

医療法人幸恵会  カツベ歯科クリニックが選ばれる理由

1)技術力

当医院では、信頼できる最先端の技術を採用して、患者様にとって最適な方法で治療を行っています。

インプラントオーバーデンチャー

ミニインプラント4本を埋入し、それを土台として入れ歯をしっかり固定させます。手術の際の負担が小さく、お手持ちの入れ歯をそのままお使いいただけます。

ミニインプラント

チタン製のネジ状の小さな人工歯根「ミニインプラント」は、歯茎を切開せずに埋入できるため、痛みや出血がほとんどなく、手術当日から食事ができます。

ショートインプラント

長さが8ミリ以下と短いインプラント。顎の骨が足りない患者様でも、骨造成手術をせずに治療を行うことが可能になる場合があります。

グラフトレス

グラフト(骨造成、骨移植)の必要があるケースでも、最新のグラフトレス術式なら骨造成などをせずに治療することが可能になります。

抜歯即時・即時埋入・即時荷重

抜歯するのと同時に人工歯根(インプラント)を埋入します。インプラントが骨と結合するまでの期間は仮歯を入れられるため、歯がない期間を短くできます。

フラップレス

歯茎を切開せず、小さな穴をあけてインプラントを埋入する方法です。手術後の痛みが少なく、治療期間を短縮できます。

サイナスリフト

上顎の骨が足りない場合は、鼻の奥につながる「上顎洞」の横の歯茎をめくって空洞内に骨補填剤を注入します。6ヶ月ほどで骨が再生し、インプラント治療が可能になります。
ソケットリフト

顎の骨が足りない場合に、インプラントを埋入する部分から骨補填剤を注入する方法です。歯茎を切開しなくてすむため、手術後の腫れや痛みが抑えられます。
GBR法

顎の骨が足りない部分を「メンブレン」という人工膜で覆って骨の再生を促します。歯肉の侵入を防いで新しい骨ができるスペースを確保し、骨が再生したらインプラントを埋入します。
PRP(platelet rich plasma)

血液の中にある血小板を高濃縮した血漿(けっしょう)を用いた、歯周組織再生療法です。PRPに含まれる成長因子が細胞を活性化させて、衰えた組織の回復を促します。

2)実績

大阪SJCD理事を務める院長・勝部を筆頭に、地域の歯科医療に力を尽くしています。院内技工所での人工歯の作製など、質の高い丁寧な治療を行っています。

3)CTとマイクロスコープ

より確実に、精度の高い治療を行うために、当医院では歯科用CT、マイクロスコープなどの最新の設備を導入しています。

CT

CT

歯科用CTを用いた手術前検査で、より精度の高い治療が可能になり、インプラント治療を成功に導きます。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

精密な処置を行う際には、マイクロスコープというデジタル顕微鏡を用います。処置部位をしっかり把握して適切な治療を行います。

4)その他の機材・麻酔

歯科治療には、さまざまな機材や術式が用いられます。当医院では、安全・安心な治療のために、患者様の症状にもっとも適した方法で治療を行っています。

ピエゾサージェリー

3次元超音波振動を利用して、顎の骨を削る範囲を最小限に抑える器具です。神経や血管を傷つけずに手術を行えます。

CGF

患者様ご自身の血液から血小板・成長因子が豊富に含まれた完全自己血液由来のフィブリンゲル(CGF)をつくる遠心分離機を導入しています。CGFの応用で歯周組織の治癒が促進され、感染リスクも低減されます。

麻酔
(1)局所麻酔 局所麻酔には、「表面麻酔」「浸潤麻酔」「伝達麻酔」といった方法があり、必要に応じて適切に使い分けています。全身麻酔のように意識がなくなることはありません。
(2)笑気ガス鎮静法 低濃度の笑気ガスを使用して鎮静状態にしますので、麻酔とは異なり、副作用の心配はありません。治療中に会話することもでき、リラックスして診療を受けることができます。
(3)静脈内鎮静法 手術への恐怖心が強く、治療を受けることが困難な場合は、鎮痛薬や向精神薬を静脈に直接注入する静脈内鎮静法を用いています。

5)症例集

大阪インプラントリカバリーセンターにて治療を行った事例をご紹介します。リカバリー治療だけではなく、インプラント治療をお考えの方は一度ご相談ください。

Case1 歯周病をインプラント治療

歯周病からインプラントの治療を行い、機能性、見た目ともに改善された例です。

治療前

治療後

大阪インプラントリカバリーセンターにて治療を行った事例をご紹介します。リカバリー治療だけではなく、インプラント治療をお考えの方は一度ご相談ください。

Case2 治療期間が短いインプラント

抜歯とインプラント治療を同じ日に行い、歯がない期間が全くない「抜歯即時インプラント」の症例です。

1

2

3

4

6)歯科衛生士による予防メインテナンス体制

お口の健康を守るためには、適切なケアが必要です。インプラント治療後も経験豊富な歯科衛生士が、クリーニングや歯磨き指導を行います。

メンテナンスを成功させるには